「身体の声に耳を澄ます」 ヨガインストラクター Natsu.さん

身体を伸ばして、呼吸を深く。

姿勢を維持して、目を閉じて。

瞑想をして、心を静かに。

なっちゃんさん②

レッスンの最中、聞こえてくる穏やかな声が心地よい。初心者ながら、ヨガの最中は自分の身体と対話しているような気持ちになります。

元々、ヨガはハードなポーズが多いと思っていました。そんな私のイメージを変えてくれたのが、ヨガインストラクターのNatsu.さん。

2014年5月から、自宅でヨガ教室を開いています。

なっちゃんさん③
PHOTO by STUDIO-G.K.

【ヨガを続けるうちに、自宅開業を目指すように】

結婚後は子育てをしながら働きたいと思っていたそうですが、限られた時間の中で、希望に合った仕事を見つけるのは難しいことでした。そんな中、近所で子連れヨガをしている教室があると知り、通い始めたそう。

続けてゆくうちにヨガの面白さや奥深さに夢中になっていったNatsu.さん。次第に自分でも自宅開業したいと思うように。

なっちゃんさん④
PHOTO by STUDIO-G.K.

ヨガを始めてわずか2年で自宅開業を実現。開業するにあたり、自分がしたい形が明確だったといいます。それは、「ヨガの哲学を伝えていくこと」。

初めはヨガの哲学で受け入れられない部分もあったそう。ですが深く学んでいくにつれ、今まで自分が抱いていた価値観と異なる考えがあると知り、向き合うことができたといいます。

なっちゃんさん⑤

【ヨガの哲学は、ヒントをくれる道しるべ】

「人は、自分と違うものを否定しがちですが、受け入れることで自分の器が広がります。迷いが生まれた時、ヨガの哲学はたくさんのヒントをくれる。道しるべのような存在です」。

なっちゃんさん⑥

Natsu.さんのレッスンは、少人数制のレッスンと、ヨガの知識をより深めるためのヨガ哲学講座があります。

私は少人数制のレッスンに何回か参加していますが、体が硬くても気持ち良く伸ばせるようNatsu.さんがいつも丁寧に誘導してくれるので、初心者でも楽しく取り組めます。

少人数制のレッスン時も、Natsu.さんは哲学の話をしてくれます。伝えてくれる話は、毎日の生活や仕事、人間関係に繋がる身近なものばかり。私自身も、自分と向き合える大切な時間となりました。

なっちゃんさん⑦

【バランスをとりながら、偏ってもまた元へ戻れるように】

家庭との両立で心掛けていることを聞くと、「夫婦の時間、子供との時間、仕事の時間、自分の時間。その時によって優先順位が変わりますが、大事にしているのは、『バランスをとること』偏ることもありますが、偏った後に元に戻ってこれるよう意識しています。」と穏やかに語ってくれました。

取材を通して触れた言葉に、今回たくさんの勇気を貰いました。Natsu.さん、ありがとうございました!

Yoga Space trímurtí

MAIL yoga.space.trimurti@gmail.com

WEB http://ameblo.jp/trimurti-yoga

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中